Article

        

習い事や子どもについて

2017/ 06/ 24
                 
どうも。桐生です。
今日は土曜日でした。一日中子どもたちと過ごしておりました。
ゆっくり子どもと今の無職期間はなるべく共に過ごす時間を作りたいと考えています。
子どもは放っておいても勝手に育ちますが、やはり家庭でのしつけや学習は必要と自分は思います。situke.jpg
学歴や育ちは関係ないという方もいますし自分もむしろかつてはそういった寄りの考えでしたのであまり教育にうるさいわけではないのですが、やりたいことはやらせてダメなことはしっかりダメと教えていこうとは考えています。
過去、自分が単身赴任の頃時々家に帰ってきましたが常に部屋が汚かったのです。
妻も働いていたので子どもを保育園に送って働いてお迎えに行ってご飯作ってお風呂入れてと一人でしてくれていました。今自分は無職なのでそこらへんは代わりにやっているのですが、これをやりながら仕事もしていたことを考えると本当に頭が上がりません。
それでいてたまに帰ってきたら部屋が汚いとかブツブツ言ってた自分が非常に情けないです。本当に感謝しています。
一人で3人の子どもを働きながらにしてみるのはやはり難しかったのでしょう。あのままパチンコ屋を続けていたらやはり子どもにかけれる時間は限られていたのでこの点だけ取っても辞めて正解だったと今は思っています。
当時子どもたちはお箸の持ち方も出来てなかったし部屋が汚いのがデフォルトなので気にせず片付けが全く出来なかったのです。テーブルの下は食べかすだらけ。洗濯物は取り入れただけで部屋に投げっぱなし、学校から帰って来たものがリビングに転がっている、おもちゃ、本がそこら中に散らかっている。これが常でした。
しかし今は自分がいるので掃除の仕方を教え家事の役割分担をし、モノの置き場を決め片付けるように教えると3か月で言わなくても全て出来るようになりました。
お箸の持ち方や鉛筆の持ち方もYouTubeを見ながら一緒にやれば1日でできました。子どもというのは大人が想像もつかないほど吸収が早く、またよく大人を見ています。悪い習慣なんかは特にすぐ似ていきます。悪い習慣というのはたいてい楽をしようとして身につくものですから子どもも楽したいしそういったことはより早く覚えます。似てほしくないところが似るという言葉をよく聞きますがその通りですね。嫌ならそういう姿を見せないようにしてください。
時間があるので習い事をさせてあげたいと思い何がやりたいかを尋ねたら小3のお姉ちゃんは習字。小1の妹はピアノをやりたいということで始めました。ありがちですがありがちなだけに友達もやっていてうらやましいというのもあるのでしょう。非常に楽しそうに今は通っています。
ニートになってすぐの日曜日に一回実験的に何も言わずに子どもを一日家に放置して観察してみましたが一日中DVDや動画を見て終わってました。
親にとっては静かだし楽だからいいでしょうが伸びる時期にこれでは非常にもったいないです。ちょっとしたことを一緒にやれば身につくことはいっぱいあるのに。
今は朝は家事を手伝ってくれた後に家庭学習を始め、その後の時間に本を読んでといったメリハリがついた過ごし方をしています。
でもきっかけはすべて親である自分が与えたものです。家事はやって見せ教えてあげることでやれるようになりました。
また、本屋さんで休みの日の家庭学習用のドリルを買いました。薄いページのものを買い与えています。分からないところは一緒にやり、答え合わせをしてあげ、完成したら褒めてあげ、というのを繰り返していると勝手にやるようになってます。
また、週1回は市の図書館に行くようにしました。すると本を読むようになりました。
このように子どもたちにとっては環境はガラリと変わっているはずですがしっかりと対応しています。
変化を受け入れない「現状維持バイアス」がかかりまくる大人から見ればこの子どもの柔軟さはすばらしい能力です。
掛かるのは時間とお金。これは間違いないです。かけれるならかければいいし、学校や園にすべて任せるといった方はそうすればいいと思います。こればっかりは各家庭に色んな方針や事情がありますからこうしろとは言いませんが。
いまは格差社会です。貧困の子どもたちが増えています。一方で天才と呼ばれる数々の分野の10代がメディアを賑わしています。
才能というのもありますが、その才能は全て大人の与える「環境」により形成されるものだと思います。
パチンコに関係ないですねwwwニートのくせに偉そうな文章ですね。すいませんm--m
昨日沖ドキまさかの弱チェリーからフリーズし一撃5000枚出ました。今のところ今月もプラスで終われそうです。
ランキングに参加しています。
1ポチ宜しくお願い致します。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント