Article

        

末尾〇に設定入るか

2017/ 07/ 14
                 
どうも。桐生です。
hanabi.jpg


先日知り合いから設定を入れる時に例えば5の付く日なら末尾5の台(115番台)とかに高設定を入れるの?

と聞かれました。やはりパチンコやスロットをする人っていうのは勝手に想像を膨らませて勝手に期待するんだなと思いました。

自分は正直そんなことを気にして設定を入れたことはありません。

考える人はいるでしょうが。しかし定期的にやってしまうとあまりにも露骨なので打ってほしくないプロとか軍団に食われてしまう可能性も高いと思います。

たまにやるならまあいいかなとも思いますが正直意味はない気がします。

やったとしてもあまり後に続かない(次回やりにくい)ですし。相当集客できる土日とかに一回ドンとやればその後も・・・というのは無いこともないですが何度もやれるものではない上にあからさまなので逆に言えば裏切れないですよね。

同じような内容の煽りで店が仕掛けてきているからまた末尾かなと期待して行ったら全く違うってなれば信用を一瞬で失います。

なので営業としては少し扱いづらいです。

しかし今回の話もそうですがやはり客は理でもない理に頼り、迷信・オカルトに頼り、それで勝てばますます思い込み・・・というふうな思考回路になっていくわけですね。

たまにキモい変わった打ち方をしてる人がいますが過去にそうやって打って大当たりしたりといったバイアスがかかっているのでしょう。

そして平常営業でいえば設定は
①まずは店の大事にしているメイン機種
②老若男女誰でも打つAタイプ。

これぐらいにそこそこ中間でも入れてしまえば他を落とさないと月の利益は届きません。

よって台数の少ない台・あまり人気のない台・そろそろ撤去する台・新基準のクソ台このへんには設定は基本入らないといえます。

そして設定1で出されたらすげーイラつきます。どんなヒキしてんねん!と。笑

しかし醍醐味というか面白いところはそこであったりもします。1でも出るときゃでるし6でも沈む。

長い時間と期間で見ればもちろん機械割が高い台を打ち続けたら必ずプラス収支になりますがそうさせないのが店側です。

思った通りに行かないのがパチンコ屋の営業なので保険をかけて全体的に低めに設定することがほとんどです。

あとは出ているように見せることです。沖ドキなんかは一撃があるしメダルもデカいので見た目はすごくいいです。

実際そこまでの投資もでかいので実際勝ってるかどうかは別にしてパッと見た印象は良くなります。

よって見えやすい場所に設置してあったりメダルを後ろに積ませてもらったりというのは大体は店側の都合なのです。

店の規模や入れ方にももちろんよりますがので今回の話は参考程度で。

ありがとうございました!


ランキングに参加しています。
1ポチ宜しくお願い致します。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント