Article

        

モンハン月下雷鳴は名機

2017/ 07/ 18
                 
どうも。桐生です。

本日も稼働してきました。
モンハン

昨日が特定日で気合を入れていったのに何故かスン…と醒めたのでちょっと負けてもいいから好きな台を思いっきり打とうという事で今日は稼働してきました。

負け前提の打ち方です。参考にしないでください。

無職でそんな打ち方をするなんて無謀以外の何物でもないです。

機種はモンハン月下雷鳴です。一撃万枚も出したこともあり元のゲームも好きでこの台はすごい好きなんです。

アマツは過去二回出現しましたがどっちも逃げられています・・・

基本この台は事故率が高いので店も設定はあまり入れてきません。昨今は高純増AT機の撤去の煽りを受けているのでさすがに台数も減ってきてはいますがこの後にひっそりと出てひっそりと姿を消した狂竜戦線よりはまだ残っているホールもあるでしょう。

狂竜戦線はクソでしたね。ホールでは一回も触ったことすらありません。自店で導入したときに少し打って「ダメなヤツや・・」と思っただけです。

それに比べて月下雷鳴のAT中の面白さは今でも全機種中1番じゃないかと思ってます。あれだけアツくなれる大当たりもなかなか無いと思います。

その分通常時のクソさとCZのクソさと単発率のクソさとバーを狙えのクソさが浮かび上がりますがその苦しみを乗り越えノッてきたときのイケイケ感と自力感とやってやった感が半端なく出玉感もそこそこあるのですごく面白いです。

という非常に好きな機種なのですが基本天井当たりという仕様なもので非常に厳しい展開になることが多いのです。一回目の初当たりで何かしらやらかさないともうしんどいです。さっきも書きましたがこの台は面白さというものが全てATに集約されているのでそれ以外はただメダルを入れる作業です。

今日は珍しく500台のゾーンで当たりましたがバーを狙えギギネブラ。毒耐性持ちのコイツに毒効果を付与するミランダ姉さんが参戦。嫌な気持ちからの得意キャラのLala参戦攻撃力アップで大逆転といこうという光明が見えたのも束の間。今日のこの子笛を吹かない吹かない!昨日彼氏の笛でも吹きすぎたか!っと下賤な突っ込みをしつつ敗北。

この倒されて負けるでもなく逃げられるといったところが切なさを倍増させます。「ああ・・・待って・・・」

終了。

128ゲームからは高確モードを見てもう追えない。先は目に見えてます。結構引っ張られてクソ猫CZでイライラを蓄積しつつ結局天井で当たるのが。そうなった時にはもうすでに取り返しのほぼ付かない状況になっていることが多いです。過去の経験上。

ということで辞め。

その後昨日のリベンジで一回だけ当てようと番長3に座るもベルが1000円で2回ずつしか来ないまま5000円投入時点でムカついてきて辞め。

Aタイプ適当に打って辞め。

昨日から立ち回りも何もありません。反省です。と言いたいところですがなんか萎えてきている・・・

なんだかなーまあ今回は負ける打ち方を分かってしているので文句言えないんですがねえ。

明日は岩盤浴でも行こうかな・・・

就活しよ!

実は就活も進んでおります。これが萎えている原因の一つかもしれませんね。そろそろ正直働きたい!

ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
1ポチ宜しくお願い致します。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村



関連記事
                         
                                  

コメント