Article

        

遊技人口減少

2017/ 07/ 25
                 
どうも。桐生です。
桐生さん

「レジャー白書2017」 パチンコ参加人口は940万人で過去最低値

日本生産性本部は7月20日、都内丸の内で「レジャー白書2017」の記者発表会を開催し、2016年のパチンコ参加人口が、前の年の1070万人から130万人減の940万人となり、過去最低値を更新したことが明らかになった。
 
パチンコ参加人口は、09年の1720万人から4年連続で減少した結果、13年には1000万人の大台を割り込む970万人まで下落。翌14年は180万人増の1150万人に回復したが、15年から再び減少に転じ、今回、2年連続の減少でまたしても大台を割り込んだ。
 
また、年間の活動回数は前年の32.4回から29.8回に減ったほか、1人あたりの年間平均費用も9万9800円から8万8900円に下落。回数と費用がともに落ち込んだ結果、1回あたりの平均費用は前年の3080円からほぼ横ばいの2980円だった。市場規模の推計値は21兆6260億円で、前の年の23兆2290億円から6.9%の減少となった。
 
調査は今年1月、インターネットを用いて全国の15歳から79歳の男女3328人に対し、スポーツ、趣味・創作、娯楽、観光・行楽といった4部門108種目で実施。近年堅調だったスポーツと観光が伸び悩み、成長を牽引する部門がなくなった結果、余暇市場全体の市場規模は前年比2.0%減少の70兆9940億円になった。ただし、市場規模が突出して大きいパチンコを除くと0.3%のプラスで、パチンコ市場の縮小が余暇市場全体を押し下げる要因になっている。

レジャー白書にてまたしても遊技人口の縮小が発表されました。

非常に厳しい数値です。過去最低を更新してしまいました。

これからあがる糸口はあるようには見えません。むしろ締め付けがさらに急激に進んでいくような様相です。

正直辞めてよかったというのが正直な感想です。ニートですが。

しかしパチンコの仕事はつぶしが利きません。ここで得た知識はあまり使えるものではありません。

しかし仕事というのは本質的には似通ったものがあるので管理職を経験したということでそこまでにやってきた事や力を注いだこと。辛かったことなど就活においてその過程について問われることが多いです。

今書類選考が5社ほど通って面接まで進んでますがこの先どうなるか。

ちなみにパチ屋はいっぱい募集してます。

ありがとうございました!

ランキングに参加しています。
1ポチ宜しくお願い致します。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント