Article

        

パチンコ屋の仕事って何するのか

2017/ 05/ 21
                 
どうも、桐生です。

今回はパチンコ屋ってどんな仕事をするのか?という質問にお答えします。

役職や会社によって若干の違いはあるのでここは自分のやってきた内容で書いていきます。

まずは新入社員や未経験での途中入社などは「一般社員」→「班長」→「主任」→「店長」といったキャリアを積んでいきます。

一般社員の業務はアルバイトとほぼ同じです。

玉の上げ下げ、台の管理(清掃や空き台の呼び出し)、計数機での交換作業、台トラブルの対応、またスロットではメダルの補給、主に女性ですがカウンターでの景品交換などが主な作業内容です。それ程難しい内容ではないのですぐできるようになります。
交換

ちょっと小難しい台トラブルやお客様トラブルが起きた時にはベテランのアルバイトや「班長」が助けてくれるので心配ありません。これだけのことを適正の人数でやってれば終わります。

また、接客業なので愛想よくしておけばなおいいですね。

やたら笑顔で元気に「ありがとうございます!」って言われると負けてたらイラっとしますよね笑

笑顔で接客してイラつかれる仕事ってなかなかに特殊だと思います。

でもあの笑顔はお客様をしっかり見ていますよという意味も込められているのでいわゆるゴト師やトイレで八つ当たりしたろかという人にとっては「あ、見られてるな」という意識を植え付けるのでその対策にも一役買ってます。なのでお客様をよく見て挨拶やお辞儀をするように教育することがあります。

笑顔で接客してるのにキレられた!とかの客トラブルがトラウマで気の弱い子なんかは辞めてしまったりもします。

なのでそこらへんは最初に多少は覚悟しておいた方がいいですね。

ではアルバイトと同じ仕事をしていてどうやって「一般社員」から「班長」へと昇格していくかなのですがここら辺はやはり周りからの信頼という点でしょう。例えば小難しいトラブルが起きた時にすぐ○○さんはいつも助けてくれるや繁忙時、それ以外をしっかり見極めてホールを円滑にみんなが働きやすいように休憩を回していくだとかです。また、上の役職のお願い事を速やかに実践してくれるかといったところですね。こういったことを積み重ね、信頼を得つつ昇格試験に合格し、晴れて「班長」となります。
どんな職業でもそうですがやはり上の人間に気に入られるようにするってのは誤解もあるでしょうが必要なことです。このあたりはただ媚びを売ると解釈している人間って非常に多いと自分は思います。この辺り掘り下げると時間がかかるのそれはまたの機会に致しましょう。

「主任」や「店長」のお仕事はまた後日に。

ランキングに参加しています。
1ポチ宜しくお願い致します。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント