Article

        

パチプロ

2017/ 07/ 30
                 
どうも。桐生です。
アニキ

最近10年専業してるって方と話す機会がありました。

10年間パチプロで生きてきたらしいです。

現在33歳。24歳の彼女持ち貯金700万。

このスペックだけ見たら大したものですね。

この彼女は最近できたそうですが。

それまでも彼女がいて結婚という話も出たことはあるらしいですがパチスロの方が稼げて定職に就こうとしてもアホらしくてやってられなくて結局破局というのがこの10年で2度ほどあったらしいです。

そして今は営業で働きそこそこの成績を上げ年収が600万ほど。まあ年相応かむしろ職歴が真っ白なことを考えたら多い方ではないでしょうか。

考え方次第ですが現在は定職に就けていて貯金もそこそこ。なかなかうらやましいなと思いました。

しかしこれだけ勝ち続けるのにはやはり努力が必要でその努力を仕事に充てていれば今はどうなっていたかとも語っておりました。

価値観は人それぞれなので何が正しいかは分からないですがこういう人生を歩んできた方もいるのだなと思いました。

そんな10年を歩んできた彼もさすがに現在の規制は(現実には1年ほど前だが)きつくなると感じて辞めたそうです。

今は仕事が忙しく月に数回行く程度になったそうですがやはり負けると言ってました。

これほどの経験があってもやはり毎日通ったりという事をしないと勝てないという事ですね。

10年前はまだネットの普及もそれほどではなく吉宗のハイエナや初代北斗の設定狙いが非常に効いたらしいです。

その後は5号機に移行しリンかけやガッチャマン。など時代に合った立ち回りで収支を上げていたそうです。

やはり重要なのは店選び。6を使う店に行かないとだめだという事です。あとは店の癖をつかむ。当時の店はメリハリで上げ狙い下げ狙いがはっきりとしていたと語ってくれました。

しかしホール状況もかなりの変化があった中そういった店を探し続け通い続けるといった行為は努力以外の何物でもないと思います。すごい根気ですね。

また、いわゆる軍団に所属したこともないそうなので一人でこの収支を上げていたのは正直すごいと思います。

しかし人生というのは本当に多岐にわたりますね。

いわゆる当たり前や普通といった概念があるようなないような。

10年間手取り20万ほどのブラック企業で勤める人もいます。

10年間でかなりの昇格をする人もいます。

10年間あれば国家資格の一つや二つ取れるでしょう。

10年間アルバイトしてる人もいるでしょう。

10年間親の金で過ごしている人もいるでしょう。

どれが正解かなんてのは死ぬ瞬間まで分からないのでしょう。

だって価値観がそもそも人それぞれなのですから。

自分はこうだからこうすべきというのは押し付けであり傲慢なのでしょうか。自分には分かりません。

ありがとうございました!

ランキングに参加しています。
1ポチ宜しくお願い致します。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント