Article

        

愛知広告規制

2017/ 08/ 12
                 
どうも。桐生です。

情報が回りました。広告に関する規制が変化しました。
kisei.jpg

愛知県の風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例の一部が改正され、パチンコ店がホームページやメール等を使用し、著しく射幸心をそそるおそれのある広告・宣伝をすることが規制の対象となった。10月1日施行。

改正されたのは施行条例第9条(風俗営業者の遵守事項)で、第2項第2号の「営業所で賭博類似行為その他著しく射幸心をそそるおそれのある行為をし、又は客にこれらの行為をさせないこと。」を「営業に関し、賭博類似行為その他著しく射幸心をそそるおそれのある行為をし、又は営業所で客にこれらの行為をさせないこと。」に変更した。

愛知県警が作成した広報チラシには、規制対象例として「ホームページ、会員メール、その他のアプリ等インターネットを利用した、著しく射幸心をそそるおそれのある内容の広告・宣伝」を挙げている。対象となる風俗営業者は、4号営業と5号営業に該当するマージャン店、パチンコ店、ゲームセンター等。

最初から駄目だと言っているのにネットならブログならと煽っているのが愛知の現状。

県によってはまだ規制がないからといって続けているところもあるが・・・

これだからこの業界はグレー。

しかしパチ屋の人間はそれ以外に集客する術を新台の大量購入ぐらいしか持たない。

そしてそれでたまたま稼働が良かったりすれば営業センスが良い自分の実力と勘違いする人間の多いこと(笑)

それ会社が準備した金で買った機械が勝手に接客してくれてるだけですから。

そうやってきた人間が多いからいざやばくなった今何のアイデアも出ずに規制のされるがままになっている。

ランキングに参加しています。
1ポチ宜しくお願い致します。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村





関連記事
                         
                                  

コメント