Article

        

歴史を塗り替えたニッポン!

2017/ 08/ 31
                 
どうも。桐生です。

あ、表題は関係ないです。ちょうど試合後だったもので。

日本代表ワールドカップ出場おめでとうございます!!

masi.jpg

チンコ パチスロには検定期間というものがあります。

まず台の検定期間についてですがメーカーが検定を通って申請した日からが3年間の検定期間です。

この3年は設置してからではないので販売時期についてはメーカー間の駆け引きもあります。

クソ台を売りたいならあまり機械が出ない時期。


北斗などのビッグタイトルがある横でクソ台を出しても誰も見向きもしませんが

導入する機械ねえなあって時にポツっと出せば売れる可能性が出ますよね(笑)

その検定期間というのは要はメーカーからの補償期間です。

検定期間中なら壊れたりしてもメーカーが修理保守をやってくれるって事です。

そして釘一本やチャンスボタンなど細かく部品一つ一つが全て別々に管理されていて

壊れたまま稼働をさせたり古い台から部品どりをして直したりするのは禁止されていて重罪となります。

なので壊れるたびに申請しないといけないので機械を止める→部品を発注→公安委員会に申請→承認

とアホみたいな工程があり数日間稼働停止しないといけなくなります。

新台で不具合があったりすれば大変です。

機械には1台1台番号がありその番号を導入すると申請している以上壊れているからと言って代わりの台をメーカーに持ってきてもらい入れてもらうということができないのです。

最悪の場合新台なのに1週間ほど止まったままとか。割と良くあります

そして検定が切れたらそのまま壊れるまで設置しておくのも良し。

もう3年使うために認定を通すのも良し。

認定って何やねん急にと思うでしょうが車検的なものです。

壊れたらいわゆる「みなし機」となるのですが認定を受けることでもう3年寿命を延ばすことができます。

世にあるジャグラーや海などは認定機ということが多いです。

逆に言えばそれ以外の台で6年使える台は非常に少ないです。

新台の寿命がどえらい下がってますので。

2週間もすればパチンコの新台なんてもうぽつぽつしか人いないですよね。

メーカーにしたら長く使ってもらうよりも新しい台を買ってもらいたいってのが本音です。

しかしその機械代を払うのはほかでもない客たちなんですがね。

これだけ見ても今勝てなくなったというのはお分かりになるでしょう。

しかも1台に対する値段も非常に高価です。あんなおもちゃ1台で中古の軽自動車1台ぐらい買えます(笑)

まあグレーなので検定切れてもこっそり勝手に修理してるなんてのは良くあります。

釘も叩いてますし。正直なところ全国で取り締まりしたら違反店ばっかりです。

まあお上はそれを分かっていつでも潰したるからなという構えでしょうが。

自分も検査官に笑いながら「パチンコ屋なんていつでも潰せますから」と言われたことがありその時は震えましたね。

ありがとうございました!


ランキングに参加しています。
1ポチ宜しくお願い致します。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント