Article

        

初打ち

2017/ 09/ 03
                 
どうも。桐生です。
1986.jpg

皆さま初打ちって覚えてますか?

自分は先輩に連れていかれた4号機爆裂AT時代のアラジンAでした。

まったくわけがわからないままATに突入し押し順ナビに従って少しの出玉を獲得しよくわからんまま終わりました。

まったく面白くなかったのですがその後もゲーセンに夜中連れまわされ猛獣王を打つようになりました。

サバチャンに入れば目押しが必要なんですよね。

それが全く見えずに理不尽に先輩に怒られていました。

白のダチョウがとくに苦手でした。

あまりにも馬鹿にされるのでゲーセンで練習するようになりゲーセンで少しづつなんとなく面白いなと思ったときに出たのが

伝説の名機北斗の拳です。

もうどっぷりハマりました。苦手意識のあったスロットで初めて数万円勝ったというのも拍車をかけましたね。

そこから自分のパチンカスライフが始まりました。

昔はなんでパチ屋なんかに大人は並ぶのだろうアホかなと思っていた自分が朝から並んでいました。

最初がスロットからでパチンコはほぼ触ったことがありませんでした。

どうやったら出玉になるのかすら知らなかったです。

パチンコの初打ちは初代花の慶次でした。これがまためちゃくちゃ面白くパチンコにも手を出すようになりました。

どちらにせよもちろん勝ち負けでいえば勝ちたいのですが勝つ打ち方をしていなかったので生涯成績でいえば

おそらくキモいほど負けております。

まず性格的に我慢強かったり粘り強くなければいけません。

たいがいすぐかッとなる人がパチンカスには往々にして多いですがそんな人はだいたい生涯収支アホみたいになってるはずです。

皆さまも打たれる方は思い入れの機種や大好きな機種があると思います。

どんな台でも復活していい!みたいになりませんかね。

雇用も増えていい部分も多いような気がしますが。

それでいて10スロと2パチ以下しかもうダメ!という風にすればどうでしょう。。

さすがにそれは素人考えですね(笑)

どちらにせよ面白い機械がないことにはパチ屋は流行りません。

出玉がショボくなるのはもう見えているのでその中でどういった風に楽しませてくれるのでしょう。

ただ馬鹿みたいに通常時のベースだけ上げてなんて単調なものは受け入れられないのは

もう結果が出ておりますからね。

ありがとうございました!

ランキングに参加しています。
1ポチ宜しくお願い致します。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
関連記事
                         
                                  

コメント